item

豚ロース肉
背中中央部分のお肉です。キメが細かくて、肉質も柔らかく一番美味しいと言われる部分です。ふちの脂身の部分にも旨みが凝縮されています。
おすすめ調理:トンカツ、ポークソテー、生姜焼き、しゃぶしゃぶ
豚バラ肉
ロースの下側、腹部のお肉です。脂身と赤身が交互に3層になっていますので「三枚肉」とも呼ばれます。 脂身と赤身が同じ厚さでバランスよく層になっているものが良質とされています。肉のきめはやや粗いものの、堅くなく、コクのある濃厚な味わいがありどんな料理にもなじむ万能部位です。
おすすめ調理:炒め物、煮物、角煮、酢豚、カレー、シチュー

*ありた鶏をよく知りたい方は「ありた株式会社」←こちらをクリックしてください

ササミ
ムネ骨に沿って1本ずつ2本ある、笹の葉形の部位です。低脂肪で肉質は柔らかく、あっさりと淡泊な味です。
おすすめ調理:フライ、茹でてサラダや和え物に
ムネ身
柔らかくて脂肪が少なく、味は淡泊でどんな料理にもなじみやすい万能部位です。
おすすめ調理:照り焼き、ローストチキン、から揚げ、カレー
手羽元
羽の付け根の部分です。肉が柔らかく、手羽先に比べると脂肪分も少なく、味もあっさりとしています。
おすすめ調理:から揚げ、煮物
モモ肉
ムネ肉に比べて肉質は硬めですが、タンパク質や脂肪が多く、味にコクがあります。
おすすめ調理:照り焼き、ローストチキン、から揚げ、カレー
手羽先
つばさの先の部分で肉が少なく、脂肪分の多いのが特徴です。骨ごと時間をかけて、じっくり煮込むと、肉も軟らかくなり、骨の部分のゼラチン質が溶けだして、スープにコクととろみがつきます。
おすすめ調理:から揚げ、煮物

※器提供:徳太郎窯